体臭は衣類の雑菌発生から?衣類臭を知り効果的な対策法で予防しよう

体臭改善記事

体臭に悩んでいる方!

今まで衣類の臭いに悩んだことはありませんか?

例えば、ちゃんと洗濯してるのに、毎回このシャツを着るとすぐに臭くなったりするようなアレです。

旦那自身も、学生時代、部活で使用するTシャツだったり、現在でも仕事に来ていく上半身の下着など、汗を吸収しやすい状況下で何度も使用する衣類は、もう衣類そのものが臭くなってしまい、その度に捨てていました。

旦那自身も、臭くなりやすい衣類があることは自分でも分かるとのことですが、それがなぜなのかが分からないことで、

どうしたら良いのか分からずに、効果的な対策が出来ていませんでした。

今回の記事を読めば、旦那のように悩んでいる方々が

  1. 衣類が臭くなる理由を理解することが出来ます
  2. 普段の生活で衣類臭が発生しないよう予防が出来る
  3. 臭くなった衣類を様々な方法で臭いを取り去る方法を知れる
  4. 衣類臭を防止すること=体臭の防止になることを理解出来る

を知ることが出来ます。

そして以前のように、朝着ていける服が臭いのしかなくて見つからない‥や、臭い服は捨てるなんてことから

解放されますので安心してください!!

衣類臭とは?

衣類臭はどうやって起こるか

臭いの原因は、身体からでたばかりの無臭の汗を、

  1. 雑菌がその汗を食べてゆく
  2. 食べたのち雑菌が繁殖してゆく
  3. 繁殖する際に老廃物を出す

この老廃物こそが、臭い物質となります。

この物質は、目には見えない小さな小さな粒子であり、これが浮遊して人の鼻の中に入っていくことで、

他人に臭いが伝わるといった流れになります。

そして、この憎たらしい雑菌ですが、高温多湿を好みます。

例えば、一日お出かけしている時の靴下なんて正にそれですよね。

足は一日コップ1杯分の汗をかくと言われています。

その汗によって湿っている靴の中(靴下)で、雑菌は汗をエサにして繁殖を繰り返し、大量のニオイ物質を作り出しているのですっ!!!

もう一つとても分かりやすい例を言えば、お出かけを一日している状況は同じでも、靴ではなくサンダルだったら

どうでしょう。きっとみなさんが体験的に理解出来ると思いますが、足が全然臭いませんよね!

それは、上記で述べたような密閉された高温多湿で雑菌が繁殖しやすい環境が回避されている点に加え、人の肌は、

汗をかいてもすぐに汗自体が気化するので、肌表面で臭い発生のサイクルが起こりづらいのです。逆に衣類を身に着けていると、衣類の中で雑菌が繁殖しやすい環境が整っていれば、衣類臭は起こってしまいます。

つまり、極論裸族は無臭なんじゃねーかと思いますし、裸族になれば衣類臭とは無縁になりますが、

この世界とも無縁になってしまいますのでww 

衣類を身に着けて生活をする我々にとっては、衣類臭ケアは必須といえるでしょう!

そして、他人に体臭として不快感を与えてしまうのは、地肌臭ではなく衣類臭ということなので、

これはすなわち衣類臭をケアすることが、体臭をケアすることにつながってゆくことになるのです。

衣類臭に対する効果的な予防法

すごくシンプルなのですが、汗をかいたら定期的に着替えをすることです!

例えば、マラソンをして、全身びっちょりの状態が長く続き、雑菌が大いに繁殖して異臭を放っていても、

着替えちゃえば、一発でほぼ無臭になっちゃいます。

雑菌の繁殖も、汗をかいてから、1時間ぐらい経つと増えてくるようなので、その前に下着だけでもいいから着替えられるといいですね。

ま、とはいえ毎回汗かくたびに着替えするのは無理があると思いますので、汗をかいたら、濡れタオルか、出来れば一番効果的なデオドラントシートで身体をこまめに拭いてあげると良いらしいです。

そして、頻繁に着替え出来ない場合に、衣類自体に消臭ケアをしておくことも有効な手段です。

★筆者一番のおすすめ★

※足臭、ワキガ臭、汗臭、加齢臭を、97%消臭可能!!衣類にスプレーするだけで衣類を消臭剤にしてしまい、衣類がワキガ臭、足臭、脇臭、加齢臭を消臭してくれるんです!

面白い考え方ですね!あると便利だし安心ですね。

洗濯したのに衣類がすぐ臭くなる理由とその対策法

これ運動部で大変な学生さんや、働き盛りなサラリーマンの家庭には経験あると思いますが、洗濯したての服が

着る前から汗臭いんすよ!いつも愛用している大好きなTシャツも、いつの間にか二度と着れないレベルに汗臭い…。

この原因、大きく分けると3つありました!!

1つ目は、

洗濯機自体が汚れている

2つ目は、

生乾きになっている

3つ目は、

衣類の繊維の奥に皮脂、垢、汚れが残っている。

になります。

先に1つ目については、洗濯機自体のお手入れを定期的にしないと、洗濯槽にカビ雑菌が発生します。

そして、このカビや雑菌は、動作中洗濯物にも移ってしまい、結果せっかく洗濯をしても雑菌がついてしまうんです。

これの解決法は、洗濯機自体に搭載されているモードの『槽洗浄』を定期的に行うことです。市販の洗濯槽クリーナーを

投入して洗浄が行われ、洗濯機のメーカーによりますが、一日数時間~十数時間の間運転します。

運転の頻度としては個人差ありますが1か月~2か月に1回ですかね。

で、このモードでの洗浄では歯が立たない汚れ、カビがある場合は、プロの業者による洗濯機の分解洗浄という方法もあります。以前家で7年使用している縦型洗濯機の分解洗浄を依頼しましたが、まあ汚かったですよ!!!

ほんと、こんな洗濯機で洗濯してたなんて考えるとゾッとしましたね。おかげで槽がピッカピカになりました!

ただ、費用がその時は1万5千円かかりました・・・けっこー痛い↓

しかも、洗濯機の耐用年数は、大体年といわれているので、いつ壊れるか分からない中で本格的な洗浄をするかどうか

は判断迷いますね~。

※ちなみに、洗濯機を使った後は、洗濯機のフタは開けておいてください。乾燥させるのは清潔を保つ為に必要なことです。ただし、ドラム洗を使っているお宅で小さなお子様がいらっしゃる家庭は本当に注意してください。むしろ開けておくといたずらで中に入ってドアも閉めて、窒息してしまう可能性もあるので、もう開けとかない方が良いです。常にフタロックかけときたいくらいですね。

次に、

2つ目の生乾きになっている。

これは以外と厄介で、部屋干しをするとなりやすいのは勿論ですが、例えば、洗濯が完了して干すまで時間がかかってしまったり、干しても、洗濯物が密集して風通しが悪く乾ききれなかったりすると、雑菌が発生してしまいます。

対策は、重曹、あるいは酸素系漂白剤のつけおきが効果的です!

どちらも40℃程度のお湯に適量入れて30分ほどつけおきするだけ”

その後、今まで通りお洗濯すればにおいはかなり軽減できると思います。

※注 漂白剤を使うときは、つけおきする衣類に事前に色落ちチェックしてくださいね。

ちなみに、細菌では、部屋干し用の洗剤が発売されています。このような抗菌、除菌機能が付いたものを

使用すれば、一番手っ取り早いですね!

最後に、3つ目の衣類の繊維の奥に、皮脂、垢、汚れが残っているに関してです。

これは、先ほどやり方述べましたが、重曹か、酸素系漂白剤を使ったお湯でのつけ置きが非常に有効です。(皮脂や垢を溶かしだしてくれる)

それに加え、もし使っている洗剤が弱酸性であれば、粉末の弱アルカリ性の洗剤に変えれば、上記のつけ置きが終わったら、その洗剤を用いた洗濯をすれば、繊維の奥の汚れもしっかり落ち、衣類の臭いは消えるハズです!!(弱アルカリ性は皮脂、垢を落とすのには最適です!)

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

体臭を予防する上で、衣類臭ケアは非常に重要であることが分かっていただけたと思います。

体臭=衣類臭ケアといっても過言ないので、これから暑くなる季節!

体臭に悩む皆様、十分気を付けていきましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました